(ホームに戻る)

画家 宮地志行の紹介

(アトリエの記録写真や志行の妻光枝・加知伴三 については、こちら)
(1960年以前の宮地志行に関係する記事などは、こちら)

(1961年/昭和36年 宮地志行展/瑞浪市の商工会館階上ホール の紹介文は、こちら)
(1994年/平成6年 宮地志行展/瑞浪市総合文化センター の記録写真は、こちら)
(2000年/平成12年 宮地志行展/瑞浪市市之瀬廣太記念美術館 の記録・志行設計の日吉第一小学校の記録は、こちら)

(2014年/平成26年 梅野記念絵画館による紹介は、こちら)
(2014年/平成26年 宮地志行展/丸山晩霞記念館 の記録は、こちら)

(宮地文一・宮地美一・宮地兵次郎・宮地市兵衛・熊崎玉樹・渡辺徳助 の記録は、こちら)
(志行の故郷にある「半原操り人形浄瑠璃(半原文楽)」の紹介は、こちら)
(志行の故郷の近くを通る中山道の紹介は、こちら)

画集 「宮地志行 遺作集」2014-2015発行は、こちら

太平洋画会に出品した履歴
書簡リスト調査済みはこちら
書簡リスト未調査の一時ホルダーはこちら

「宛名印記」(沖野岩三郎著)「山内神斧君と宮地志行君」はこちら

  
宮地志行と妻光枝、撮影日不明


宮地志行(35才)と妻光枝(27才)


宮地志行(みやちしこう)略歴 (参考: 土屋千春著 「半原物語」より引用)
土屋千春氏については、このページの下段に記載)

1891(明治24)年7月26日
岐阜県土岐郡日吉村半原に父宮地文一(ぶんいち)、母けいの長男として生まれる。
名は景樹(かげき)。父文一は、当時小学校校長、のち日吉村長となる。

幼小より絵が好きで鉛筆と紙さえあれば、又棒切れがあれば
地面に何時も絵を描いて遊んでいたと言います。

1901(明治34)年 10才〜1906年15才
半原学校は尋常小学校時代(明治41年まで)は義務教育4年だった。
当時、半原学校の生徒は40人。最上級生の4年生(14人)の中に宮地景樹の名が残っている。

岐阜県立東濃中学校(1906年15才〜1909年18才)
第一学年三ノ組
二年級二ノ組
三年級二ノ組 の学業記録が残っている。

1909(明治42)年 18才 
卒業と同時に上京。
岡精一(フランスから帰朝直後)の門下となり、後太平洋画会(明治35年創立)会員となる。
高間惣七中村不折両画伯にも師事する。
洋画だけでなく水墨画、水彩画など幅広く修業。



岡精一(ハガキ表裏)

 
中村不折(ハガキ表裏)

1913(大正2)年 日本水彩画会創立の発起者37名の内の一人となる(宮地景樹の名で)。
他の発起者として、石井柏亭・河合新蔵・丸山晩霞・赤城泰舒・相田寅彦・
小山周次・後藤工志・寺田季一・川上左京・小泉癸巳男、など

大正2年(1913年)日本水彩画会創立の記事(日本水彩画会の資料抜粋)
下から4行上に宮地景樹(宮地志行)の名がある。


明治44年(1911年) 東京小石川小日向水道町 大日本水彩画会研究所研究時代
(中央X印が宮地志行/当時は宮地景樹の名)
この写真撮影の2年後に宮地志行は日本水彩画会創立の発起者の一人となる。
***** お願い *****
この写真に写っている画家たちで誰か名前が分かる人がいたら、ぜひ教えてください。
発起者のうちの何名かはここに写っているはずですが、今となっては誰かわからないのです。
ご協力いただければ、とてもありがたいです。
******************



富士山登頂記念写真
「大正五年 富士登山ノ際 頂上ニテ記念撮影
熊崎健一郎・宮地志行・杉井氏・熊崎康人」、と書いてあった。
熊崎健一郎と康人は兄弟、康人の長男が熊崎玉樹で朝日新聞社報道カメラマン。
康人の妻が「ふで」で宮地志行の妹。杉井氏は不明。
左から2人目が宮地志行。後方は富士山の火口、白いものは残雪。
今から思えば驚くような服装だ。

1918(大正7)年 27才
加知光枝(明治32年1899年11月15日-昭和55年1980年5月20日)と結婚。

1919(大正8)年 28才
長女生まれる。

1922(大正11)年 太平洋画会准会員推薦状

「本会評議員会の決議に因り今般貴下を本会准会員に推薦致候也」
大正拾壱年九月 太平洋画会
宮地志行殿

1923(大正12)年 31才〜
長男生まれる。
東京と岐阜との二重生活が続き東京においては、
横山大観、下村観山を始め、童話作家安部季雄・沖野岩三郎・久留島武彦・版画家小山良修・八木皎平
作家横山美智子・大仏次郎・林芙美子・北川千代、画家石井柏亭とも親交をむすぶ。
→書簡リスト調査済みはこちら
→書簡リスト未調査の一時ホルダーはこちら


大正13年 岡(精一)先生アトリエにて

昭和初期より雑誌の挿絵・絵本も手がける(主婦之友・コドモノクニなど)。
ラジオ雑誌・時事新報・雑誌「少年」「少女」「主婦之友」などの挿絵を執筆。

一方地元では、画業の他に母校の日吉第一尋常高等小学校の改築・設計案(昭和6年)を担当。
中でも中央玄関ならびに二階の大会議室(後の図書館)の構想は当時東濃地方随一と言われた。
(-->詳細はこちら

土雛や、郷土の半原操り人形浄瑠璃のための大道具・小道具等も主なものは殆ど志行の製作であった。
(昭和29年(1954年)の不慮の火災に遭って全部焼いてしまったのは大変残念だった。)

1930(昭和5)年3月30日 太平洋画会に会友として推薦された時の通知が残っている。

本会の決議に依り貴下を本会展覧会会友に推薦致候間今後共本会の為御尽力被下度候
昭和五年三月三十日 太平洋画会
宮地志行殿

太平洋画会の第29回展覧会招待状(開催・昭和8年4月2日〜14日)於東京府美術館
 


宮地志行に届いた岡精一の個展案内状

1933(昭和8)年4月8日〜10日 42才
東京銀座の川島東京店(天金筋向)にて個展を開催する。
この時の「宮地志行個人展覧会目録」が残っている。

絵の売価が記されていて興味深い。(当時の大学卒初任給が50円〜100円ぐらい)


1933(昭和8)年4月10日(月曜日)の個展の芳名録に安倍季雄(あべすえお)の名がある(左端)
中央の伊藤喜朔(いとうきさく・1899-1967)は舞台美術家、美術監督。伊藤熹朔賞に名を残す。

1936(昭和11)年 45才
10月12日東京慶応病院にて死去。(昭和10年夏に手術、しかし治癒せず)
病名は「カリエス(結核)」と伝えられていますが詳細は不明です。


志行の葬儀に、太平洋画会から届いた弔辞


志行の葬儀に、安倍季雄から届いた弔辞

安倍季雄(あべすえお・1880-1962・明治13-昭和37・童話作家)が寄越した見舞いの葉書が残っている。
 
スタンプの日付は昭和10年10月16日。
「どうです痛みは?。早くなほって下さい。病気と仲良しになるほどばかげた事はないですよ。
今日はのんびりお湯にひたりながら君の事を考へて居ます。皆さんによろしく。」

写真左の久留島武彦(くるしまたけひこ・1874-1960)は大分県出身の児童文学者、
童謡『夕やけ小やけ』の作詞者。


安倍季雄先生 時事新報社・少年少女編集局にて(大正14年)

安倍季雄は明治41年(1908年)、時事新報社に入社、
「少年」「少女」の編集主幹をつとめ自らも執筆。
口演童話を各地で実演、昭和27年、久留島武彦と全国童話人協会を設立。


安名尊(あなとうと)
継宮様(つぐのみやさま)
御初(は津)日(初日・おんはつひ)
(安倍季雄・書、1934年元旦・宮地志行に贈ったもの) 24.2x27.3

安名尊は催馬楽(さいばら)(平安時代の祝賀の歌)
継宮様は昭和天皇の第一皇男子・明仁天皇)
お生まれが昭和8年12月23日にて昭和9年元旦、御誕生祝いの書


 
沖野岩三郎(下記「やんばうさん」の作者で挿絵を志行が描いている)
沖野岩三郎は宮地志行に、「やんばうさん」の挿絵を描く話を進めてくれた恩人である。

 

 

 
山内金三郎(画号は神斧)は主婦之友社の編集長(その後、阪急百貨店美術部)。
沖野岩三郎の「やんばうさん」の挿絵に志行の絵が良いと進言してくれた恩人である。
その後、志行は主婦之友に執筆する仕事を得た。が、一年ほど経って志行は病に倒れる。

この内容の引用は
国立国会図書館の近代デジタルライブラリー「宛名印記」(沖野岩三郎著)(コマ番号86-89)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1238995
内容の一部、「山内神斧君と宮地志行君」はこちら
情報を提供していただいた方は、Y.H.氏。有難うございました。


志行が亡くなった10日後の10月22日(除籍謄本で22日、しかし別に23日との記録もあり詳細不明)、
志行の父の文一が亡くなります。
息子を亡くした心労のためでした。
悲しみは、いかほどだったかと想像されます。
志行のお骨を東京から持ち帰り、葬儀は志行と文一と合同で、行なわれました。

昭和11年10月17日、宮地志行の遺骨が東京から家に帰った日、
文一が病床にて口ずさんだ、志行の霊に捧げる歌。

(宮地志行の時代背景について) 引用文献 「宮地志行展」

宮地志行は明治24年(1891年)生れですから、
梅原龍三郎(1888年)・安井曽太郎(1888年)・
佐伯祐三(1898年)・中村つね(1887年)らと同年輩ということになります。

明治画壇の雄、黒田清輝(1866年)は志行より25才ほど年長、
我が国の洋画界の祖ともいうべき地元明智町出身の山本芳翠
http://akechi.city.ena.gifu.jp/housui/main.html (閉鎖)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%8A%B3%E7%BF%A0 (wikipedia)
は41才ほど年長ということになります。

志行が上京したのは明治42年(1909年)のことです。当時の我が国の画壇の状況は
どうであったかといえば、山本芳翠、黒田清輝、藤島武二らによって移入されたヨーロッパ絵画の
流れがようやく定着し、白馬会・文展を中心に若き芸術家達がめざましい活動を展開し始めている
頃でした。また日本画の分野では岡倉天心、橋本雅邦、横山大観らによって進められた
新しい日本画の開拓が着実に実を結び日本美術院が創立されるなど大きな盛り上がりを
みせた時期にあたります。

この後我が国の洋画壇は梅原龍三郎・安井曽太郎の相次ぐ帰朝者を迎え、いよいよ成熟
の時代を迎えることになります。ヨーロッパから後期印象派、フォービズム、キュービーズム、
シュールレアリズム、ナビ派、ドイツ表現派などのさまざまな画風が移入され、個の確立が
叫ばれる時代になってきました。絵画団体の分派独立が盛んに行われるようになるのも
ちょうどこの頃からです。文展からの二科会の独立、光風会の創立など、日本の洋
画界がめまぐるしく変動する前夜、まさにそういう時代に志行は激動の洋画壇に身を投じ
たことになります。

(宮地志行が師事した画家) 引用文献 「宮地志行展」

宮地志行が師事したのは、太平洋画会の岡精一(1868〜1944)ということになっています。
太平洋画会は明治34年、黒田清輝率いる白馬会から袂を分った浅井忠、松岡寿、
小山正太郎、油谷国四郎らによって設立されました。後に鹿木孟郎も参加することになりま
すが、宮地志行が師事した岡精一も新帰朝者としてこの太平洋画会の会員であったわけです。

ついでに少しこの頃の明治洋画壇の二つの大きな潮流についてふれておくことにします。
一つは、黒田清輝率いる白馬会、そしてもう一つの流れは浅井忠率いるところのこの太平洋画会系。
しかしながらこの二重構造の如く対立したこの二派もその源流はフランスの印象派風アカデミズムの
画家ラファエルコランおよびローランスにあったのですが、ラファエルコランもローランスも
印象派というにしては余りにも守旧派で殆ど両者のあいだには差異がなかったのです。

当時フランスにおいてはすでにアカデミズム絵画は、自然主義・印象主義・
後期印象主義などのめざましい台頭により、次第にその主役の座を奪われつつあったのです。
衰退の道を辿りつつあったこのアカデミズム絵画を、最新のヨーロッパ絵画として黒田らの
手にによって我が国の中枢(東京美術学校、文展など)に植えつけられてしまったところに
日本の洋画界の特殊事情が存在することになったのです。当然のことながらこれより少し先になると
ヨーロッパから最新の画風を身につけた俊英達が続々と帰朝し、我が国の洋画壇はかつてない
沸騰の時代を迎えることになります。そして、大正デモクラシーの時代へと流れていくことになります。

(宮地志行の画風) 引用文献 「宮地志行展」

宮地志行の画風については前項でも触れましたが、所属した絵画団体が太平洋画会と
言う事もあって、きわめてアカデミックな画風を身につけました。10代のデッサンや水彩
画「小栗兵左衛門肖像」をご覧いただければお判りになると思いますが、生れながらにすばらしい
デッサンカを身につけていましたから、当時としては当然の選択であったと思われます。

但し上京して間もない頃には後期印象派に大きく心をゆさぶられた時期があったことも見逃せません。
スーラ・シニャックの影響かと思われる「漁港風景」がそのなによりの証しといえます。
その他にも「赤松」などはセザンヌの影響も垣間見られますし、晩年の一時期にはフォービズム風の
一連の静物画も数多く製作されています。しかし志行の基調となる画風
は一連の人物画に見られる外光派風のアカデミックなもののようであったようです。

もし志行に渡欧する機会があったとしたら、恐らく事情は一変していたことであろうと推測されます。
45才の若さで死んでいった志行にとって、自己の絵画を確立するだけの時間が残されていなかったことが
悔やまれます。

(出版物)

幼年冒険小説集
安倍季雄 宮地志行 昭和4年(1929年)

冒険童話 しろくろ大使 水谷準(文) 宮地志行(絵) 主婦之友 昭和9年6月号
冒険童話 しろくろ大使 水谷準(文) 宮地志行(絵) 主婦之友 昭和9年9月号
小公子物語 村岡花子(述) 宮地志行(絵) 主婦之友 昭和10年1月号
母の心 並川千代(述) 宮地志行(絵) 主婦之友 昭和10年9月号

主婦之友 昭和9年9月号

やんばうさん(主婦之友昭和9年3月号附録)ほか (1934年)
沖野岩三郎 文 宮地志行 絵 主婦之友社

主婦之友昭和9年新年号附録


主婦之友昭和9年2月号附録


主婦之友昭和9年3月号附録


主婦之友昭和9年4月号附録


主婦之友昭和9年5月号附録


主婦之友社 発行昭和9年5月1日(5月号)


優良コドモヱホン 「桃太郎」ほか 著作・発行:須藤次雄・須藤雄鳳堂
印刷:金井直造・金井信生堂
宮地志行 絵 昭和10年(1935年)1月15日発行
 



 
以上は普及本


優良コドモエホンの裏表紙
“親御様方へ”という安倍季雄の添書がある。

 近頃、芸術的教育や、情操教育の立場から、一般識者
の間に、絵の教育と言ふ事がやかましく論議され、留意
されるやうになつた事は、喜ぶべき事であります。誰し
も、美しい上品な絵を見て居ると、自然心が美しく上品
になつて参ります。子供とても同じ事で、美しい絵、上
品な絵を見る事によつて、どれだけその品性が美化され
るか分りません。それが即ち絵の教育です。絵の力です。
決して絵そのものを教へるのでなく、絵の力によつて子
供を上品に、美しく育てて行かうといふのが、絵の教育
の本音であるます。
 この『優良コドモヱホン』は、主として、最も子供を
知り、常に子供と共に生活し、童画家として日頃私の最
も尊敬して居る宮地志行君の苦心の作になるもので、内
容といひ、色彩といひ、印刷といひ、実に申分ない出来
ばえであります。どなたのご家庭でも、安心してお子様
方に御興へになれる優秀な絵本として、推奨する所以で
あります。


優良コドモエホン(優良コドモヱホン) シリーズ
@ 桃太郎(宮地志行)
A サルカニ合戦(宮地志行)
B ヂャウチャン(長谷川露二)
C イソップ(宮地志行)
D 僕は軍人大すきよ(梁川剛一)
E 青イ鳥(宮地志行)
F 動物園(宮地志行)
G ヨイコニナリマセウ(宮地志行)

(E青イ鳥は欠品、またBDは著者が異なる為に欠品)

 



 
以上四点は化粧箱入りセット本として販売されたもの。表紙の絵は普及本と異なるが内容は同じ。



<土屋千春氏について>

土屋千春氏が執筆された「半原物語」は歴史書として正確な史実と資料によって記載されており、
現在、半原に残された貴重で唯一無二の書である。
雅に、御氏がこの書を執筆されなかったら
半原の歴史は掘り起こすことは永久に不可能となっていたであろうと思う。
残念なことに、氏は故人となられている。
いつの日か御遺族のかたの御了解がいただければ、
「半原物語」の全文をインターネットで公開したいと願っている。
現在はアーカイブを取り、二重に保存・バックアップされている。

「半原物語」はB5サイズ152ページの大作であり、一冊3部構成となっていて
第一部 半原の七不思議・濃州循行記・廃仏毀釈・
操り人形浄瑠璃・御神霊三本檜・御鍬様御巡行・
日吉神社・半原の医者・紙谷の天神様・秋葉様・半原学校・半原人物史

第二部 古い道・庄屋様・半原人物史・半原の俳人歌人・
電灯がともった話・方言・操り人形浄瑠璃・半原寿会

第三部 半原人物史・半原音頭・日吉音頭・御詠歌会・三十三体観世音・古文書・
昔の暮らし・絵本太功記と明智熙子・日吉郷土史・照玉社
について詳細正確に記載されている。
この中の「昔の暮らし」では、貰い風呂・お蚕様・瞽女(ごぜ)・捨て針(鰻釣り)・
水との付き合い・ヘボすかし・鳥屋(とや)、について書いてある。

<土屋千春氏の略歴>(「半原物語」末項より引用いたしました。)

大正6年(1917年) 岐阜県瑞浪市日吉町半原に生まれる。
土岐津尋常高等小学校入学、多治見尋常高等小学校卒業。
恵那中学校入学、東濃中学校卒業。
東京府豊島師範学校卒業。

昭和11年(1936年) 東京・深川尋常小学校に新任、
四谷区四谷第二小学校(後、山梨・下部町へ疎開)

昭和21年(1946年) 岐阜・長良小学校へ転任。

昭和26年(1951年) 多治見市教育研究所・多治見市教育委員会指導主事。
瑞浪市教育委員会指導主事・瑞浪市教育研究所員。

昭和31年(1956年) 土岐市方言調査を始める。

昭和33年(1958年) 市教育委員会より「郷土のうつりかわり」を発刊。

昭和35年(1960年) 瑞浪・明世小学校に校長として新任、
日吉第一小学校長、釜戸中学校長、瑞陵中学校長。

昭和42年(1967年) 勤続30年表彰。

昭和51年(1976年) 瑞浪市永年勤続表彰として銀杯受領。

昭和52年(1977年) 定年退職。
中部工業大学付属高等学校日本史の講師として2年間教鞭をとる。

平成7年(1995年) 勲五等雙光旭日章を授与される。
老人会長として、半原物語を執筆、老人会で配布する。

<「瑞浪のふるさと人物史」より、宮地志行について>

宮地志行





「瑞浪のふるさと人物史(瑞浪市退職校長会発行1995年)」より
引用させていただきました。


宮地志行の妻、宮地光枝。いくつかの作品のモデルになった。

 
太平洋画会から宮地君枝(光枝を改名)に届いた葉書
宮地志行遺作品中、栗の絵の希望者があり売約致し誠に結構な事、
一割を会則により太平洋画会に頂戴致し他は本会より御送金申し上げる、という文面。
葉書は昭和12年2月27日付。
東京銀座の川島東京店(天金筋向)にて個展を開催した時の
「宮地志行個人展覧会目録」に「栗」50円、と記されている。
この目録は昭和8年であるから、売約の「栗」がそのものかどうかは不明。


 

 
児玉充弘(コダマミツヒロ 1904-1981)写真(表・裏)。
安倍季雄が志行の妻光枝(君枝)に送った写真在中の封筒。

(ホームに戻る)













































<EOF>