(ホームに戻る)

画家 宮地志行 遺作展の記録

平成26年(2014年)9月13日〜11月3日、長野県東御市・丸山晩霞記念館にて

「青雲画士」物語 太平洋に馳せる夢 -若き日本人画家たちの冒険と浪漫、と、
併設・「特別展示 宮地志行」
が開催されました。

(丸山晩霞記念館 案内パンフレット 表・裏)





丸山晩霞記念館(東御市文化会館内)

宮地志行の出展作品(12点)

 
宮地志行 自画像 ・ 志行の妻 光枝

 
椿 ・ ストーブを焚く少女

 
藤椅子の少女-1 ・ 藤椅子の少女-2

 
椿 ・ 裸婦群像

 
窓辺の裸婦 ・ 半原(志行の故郷)操り人形浄瑠璃

 
読書 ・ 雪景色(雪の半原)(絶筆(志行最後の作品)

 
展示会場にある説明

(展示の様子)

 

 

 




図録(A4版・8ページ・作品12点)

  
自画像 1921年 油彩 65.0*53.0 ・ ストーブを焚く少女 1915年 油彩 91.0*64.0


藤椅子の少女-2 1929年 油彩 100.0*80.3
藤椅子の少女-1 1927年 油彩 117.0*90.0

 
読書 制作年不詳 油彩 136.5*112.5 ・ 光枝 1926年 油彩 52.5*40.0


窓辺の裸婦 1932年 油彩 91.0*116.5
裸婦群像 1929年頃 油彩 136.0*161.0


半原操り人形浄瑠璃 1930年 油彩 105.0*86.0

椿 制作年不詳 油彩 41.0*31.8
椿 制作年不詳 油彩 31.8*41.0


雪景色(雪の半原) 1936年(絶筆) 油彩 91.0*116.5
アトリエ外観(当時)

 

(ホームに戻る)













































<EOF>