(ホームに戻る)

宮地志行 挿絵

物語・絵本などに載せる挿絵も、多く描いていました。
1930年頃の作品です。80年以上経過していますが幸い保存状態が良く、
原画の色彩の鮮やかさは当時のままで見事です。
9枚共、36cmx26cm
これらの絵は挿絵用として描かれたが精細かつ高彩度であった為、
印刷に無理があり実際の本ではわざと画質を落として印刷された。

スキャナーがA4サイズの為、全画面は、もう少し大きいです。
(右に全画面のA4分割を参考で載せます)
有名な歴史場面の絵なのですが解らないのがあります。
何の場面か解る方がみえましたら、このホームページの連絡先:shikoh_miyachi@yahoo.co.jpへ
情報いただければ嬉しいです。


 
桃太郎 (作品番号=301) 37.0x26.0



 
歴史の場面は不明だが、左の旗に菊水の紋が見えるので楠木正成(まさしげ)であろう。
(作品番号=302) 37.0x26.0



 
『桜井の決別』 - 楠木正成と息子正行(まさつら)との決別
桜井の駅まで進軍して来た楠木正成は意を決し、息子・正行を呼び、
「兵庫へは討死覚悟で出陣するが、汝は故郷へ帰るように」と告げる。
足利尊氏と戦い楠木正成は敗れ自害する(1336年)。
絵の奥には楠木正成の「菊水の紋」が見える。(作品番号=303)37.0x26.0



 
歴史場面は不明 (作品番号=304) 37.0x26.0



 
楠木正成と後醍醐天皇に関係する場面らしい。
作品番号=302と鎧の色模様が同じなので楠木正成。(作品番号=305)37.0x26.0



 
楠木正成(1294-1336)千早城の戦い(1332年)。下で攻めるは鎌倉幕府軍、
上は千早城で籠城する楠木正成軍。
勇猛果敢な抗戦により、千早城は落城しなかった。
鎌倉幕府は有力御家人足利尊氏や新田義貞の離反を契機に滅亡し、
楠木氏は後醍醐天皇が開始した建武の新政においても重用された。
(作品番号=306) 37.0x26.0



 
楠木正成(1294-1336)。幼年の名は多聞丸。
八歳の時から河内の観心寺の滝覚坊聖瑜という高僧のもとで教育を受けて育ち、
幼年の時に多聞丸が、天王寺の大梵鐘を人差指一本で動かしたという有名な話。
それは初め指で釣鐘の下を押すと少しゆれ、次に二度三度とタイミングを合わせれば
大きな釣鐘も一本の指で大きく動くようになり人々を驚かせた、という話
(作品番号=307) 37.0x26.0



 
新田義貞(1300-1338)が鎌倉を攻めたとき稲村ヶ崎で海の神に刀を捧げた話
(作品番号=308) 37.0x26.0

こちらは、何の本の挿絵か不明です。 (作品番号=309) 37.0x26.0


 




 
「少年・少女」賞品絵はがき 東京京橋區南鍋町 時事新報社特製
宮地志行畫「快心の第一球」と中野正治畫「赤い風船」の2枚セット


切符遊「電車パス」(本の付録か景品に使われた絵)


挿絵の素描


下の素描は、少々保存状態が悪かったです。(5枚共、49cmx17cm)
スキャナーがA4サイズの為、分割して撮ってあります。
宮地志行が画家の活動をしていた東京の当時の風景ですが、何処かは解りません。
 
東京近郊の名所?

 
絵の中に「新橋○○○」の文字がわずかに読み取れる。

 
橋には「しばやまう」と書いてある。「うまや橋」だ。
厩橋(うまやばし)は隅田川にかかる橋で東京都道453号本郷亀戸線(春日通り)を通す。
西岸は台東区蔵前二丁目、および駒形二丁目を分かち、東岸は墨田区本所一丁目。
http://www.mapion.co.jp/m/35.7014806801453_139.79784412407926_8/ 
橋全体に馬を連想させるレリーフなどが施されている。
橋名は西岸にあった「御厩河岸(蔵前の米蔵の荷駄馬用の厩)」にちなむ(wikipediaより参照)

 
遊園地

 
ボートに乗っている


パラソルの婦人 (作品番号=140)
絵の裏には三越のシールに志行のサインがあり、三越での何らかの出品らしい


夕涼み (作品番号=141)
挿絵用(左1050x760 右890x610mm)


(ホームに戻る)














































<EOF>